「WORKSHOP」

 PROFitでは一般の方にも塗装の楽しみを知って貰おうと、不定期にワークショップを行っています。

一般的には扱いの難しいスプレーガンと2液のウレタン塗料を使った塗装となりますが、塗装の対象がサーモスと言う事もあって、たとえ失敗しても通常使用には問題ありませんからお気軽にご参加下さい。

 

使用する塗料はメルセデス社の指定塗料にもなっていたドイツSTANDOX社の物で、世界中のペインターが憧れるような高級な塗料を是非ご体験頂ければと思います。

 

普段エアーブラシなどを使っている方であれば全てご自身でやられる事も可能で、またはスプレーガンの扱いには全く自信が無いと言う方には代行する事も可能です。例え全ての作業を自身で行わなくても、自分の作った色で製品が出来上がっていく様を見るのは楽しいと思います。

 

ワークショップはあくまでも楽しむ事であって、塗装品質を優先される場合には通常通りのご依頼方法を選んで頂ければと思います。

塗料の塗り過ぎなどによる失敗が一度起きるとその後のフォローは非常に難しく、ワークショップではこれらの対応が出来ませんが、むしろそういった失敗も楽しんで頂ければと思います。

 

 服装については万が一を考えて汚れても良い物を御用意して頂ければと思いますが、一応こちらで使い捨てのエプロンを用意しておりますのでご利用下さい。

 

また臭気を気にされる方向けに活性炭入りの使い捨てマスクを御用意していますが、塗装は人体に有害な溶剤を扱う為、ご懸念の場合にはご自身にて有機溶剤専用の防毒マスクを御用意頂ければと思います(またはこちらで代行して塗装を行う事も可能です)。

ただ塗装する環境は給排気の設備がある所で、また以前御参加いただいた方は全然大丈夫との事でマスクすらされていませんでした(笑)。

 

ただし万が一を考え、塗装を行う際には保護グラスの着用をお願いします。

こちらも使い捨て用の新品で、メガネの上からでも掛けられる物と2種類を用意しています。使用後はお持ち帰りも可能です。

 

ワークショップで行う内容について、当店で安全を保証する事は出来ませんので、塗料や機器の取り扱いに関しては参加者ご自身で注意して作業をして頂けますようお願い申し上げます。危ないと感じたらその場でキャンセルする事も可能ですし、作業を代行する事も可能です。

 

下地処理や塗装前の準備などは全てこちらで行いますので、ご参加頂く方は「色を作って塗るだけ」といった簡単な内容に出来るようにしています。また「クリアーはお願いします」と言う事でも構いません。

 

 この時は塗装経験者の方にご協力を頂いてロゴ入れの塗装やクリアー下へのデカール貼りなども行いましたが、通常は「単色べた塗り」のみのお受付となります(いずれレベルアップしたら対応可能にする予定です)。

 

塗装後は本来であれば一日置いてから熱を入れますが、ワークショップの場合には当日お渡し出来るようそのまま強制乾燥を行います。

ただしそれでもお渡し出来るのは塗装した2時間後くらいとなりますので、その間はご近所を散歩などされて時間を潰して頂くか、または後日発送も承ります(送料は¥500となります)。

ワークショップの時間は2時間~3時間程で、参加費は¥5,000、サーモスの製品代が¥2,000~¥2,500くらいとなります。サーモス一個にお二人(親子など)の場合は¥5,000で大丈夫です。

 

サーモスは持ち込み不可で、こちらで用意した物のみとなります。

製品はamazonで新品で購入した物で、費用は当方が購入した金額そのままとなります。

例として、一番左の青いサーモスは¥2,091、中央の黒は¥2,375、右の白は¥2,678となります。

作業準備の為に開封済みの物もありますのでご了承下さいませ(使用はしていません)。

開催日は日曜日か祝日となる当店休業日のみで、主に2日連休日のどちらかとなります。

基本的には不定期となりますが、ご希望の方は予めお問い合わせを頂ければ日程を調整・ご案内致します。

塗装経験の有無に関わらず、お気軽にご利用・ご参加頂ければと思います。

 


■サーモス以外の塗装

 

「いきなりサーモスを塗るのは難しい!」と言う方には、別途¥1,000にて色見本用注型ミニカーの塗装も承ります。サーモスを塗る前にまずこちらを塗ってみて感覚を掴んで頂ければと思います。

こちらは色見本用なので塗装面は未処理となっていて、巣穴があったり裏側の仕上りが汚かったりしますが、ご希望の方には磁石を埋め込んで壁に貼れるように致します。

↓参考例

色のリサイクル

または「キーホルダー」として利用されたいという方には別途¥3,000(全て込み)にて対応致します。

こちらのキーホルダータイプには下地に「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった処理を施してあるので、実車(本物の車)の塗装と同様の仕上りとなります。

お尻部分にヒートンを埋め込み、キーホルダー用のフックをお付けしてお渡しします。

注型ミニカーだけのお受付は出来ませんが、お連れ様などには対応可能です(例えば二人で御参加で、サーモスと注型ミニカーをそれぞれが塗装するといった事も可能です)。