ZOJIRUSHIタンブラー
ピンクメタリック

象印のステンレスボトルです。

 

状態としては非常に悪く、通常であれば新しい物を購入された方が良いと思うのですが、お身内の方が長く愛用されていた物との事でこの度修理再塗装をご依頼頂きました。

 

ただし元のように金属素地にカラークリアーを塗るような塗装では直ぐに剥がれてしまうので、今回は似たような塗色のメタリックカラーを採用するようにします。

既存の塗膜は全て剥がします。

 

の凹みはパテで補修します。

 

プライマーを塗り、続けてサフェーサーを塗布します。

 

底に貼ってあったプラスチック製のシールは一度剥がすと再利用が出来ないので、薄いABS板をカットして同じような物を作ります。

 

底のシールを剥がすと内部の真空圧が開放されてしまい、本来の保温効果を維持出来なくなってしまうのですが、今回のように旧塗膜を剥離しなければならない場合にはこれも剥がして作業を行います。

通常は真空圧を保持する為ここに貼ってあるシールは剥がさずにマスキングで、また旧塗膜も剥離しないで対応しますが、塗膜の強度・品質を優先する場合には旧塗膜の剥離をお勧めしますので、予めこのシールを剥がしておいて頂けますようお願い申し上げます(稀に溶接で穴が塞がれた製品もあり、その場合は真空圧は保持されます)。

 

サフェーサーを研磨して下地を整えたら、ベースコート(色)を塗り、クリアーを塗布して本塗り完了となります。

 

凹んでいた箇所も判らなく出来ていると思います。

 

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。